FC2ブログ
名称未設定
大体雑談系ブログ。マイペースに。
[x]世界観:拠点データ
クロスノート(Cross、X)世界を構成する拠点は大きく分けて5つ

・農村
・港町
・都市
・城砦
・資源

これらの要素を組み合わせて国や勢力は発展していく。

各拠点の簡単な説明
・農村
食糧を生産することのできる拠点。生産量は拠点レベルに依る。
レベル1で拠点3つ分の食糧を生産。

・港町
河川や海沿いの港の存在する拠点。漁業での食糧生産や交易による商業が可能。
レベル1での食料生産量は拠点1つ分。レベル1では自分自身の食料しか確保できない。

・都市
支配線を引くことで国を形成できる拠点。また、工業や商業を行いやすい。
レベル1での支配線は3本。基本的な構成は、「都市・農村・城砦・資源」が使いやすいか。

・城砦
兵を保持でき、かつ支配線を持つ拠点。サブ拠点として「陣」が存在する。
レベル1での兵力上限は1000、支配線は1本。陣をうまく活用しよう。

 ・陣
城砦からの支配線でのみ設置できる拠点。所属する城砦の兵力保持数の上限を減少させることで支配線を増やせる。
レベル1では兵力上限を-200し、支配線を2本引く。兵を一定数駐屯させないと支配線を維持できない。

・資源
様々な技術を開発するために必要な拠点。例として、車輪を開発するためには木材が必要。
レベル1ではあまり多くの採集量は見込めない。工業と相性がいい。

国の基本的な構成図
国の支配圏
青色の線が国の勢力圏
農村を多めにするか商業を発展させて食料を輸入するかは各国の情勢次第。


------
世界観をしっかりと考えた結果、なにこれ・・・すごいゲームっぽい・・・な感じに。考えててすごく楽しい。
技術レベルが中世どころか車輪すら発明されているのが怪しくなってしまった。
ちなみにこの世界での車輪は万能技術。歯車やタイヤなどの形が同じものはもちろん、スクリューや風車、水車までも車輪の技術から作られる。車輪すげぇ。
槍とか弓とかで戦っている中世の世界だけど、これらの技術を(数十種)駆使すれば戦車や爆撃機だって作製可能。
磁石の技術からは反重力発生装置が作れます。すごいね。

上記の要素が戦略パートで展開されるわけですね。
ちなみに戦略パートは物語後半でしか登場しないので前半中盤までのRPGパートではただの文化的背景。陣取り合戦は魔王討伐後。
あと行商人たちが、強いのに魔王討伐に行かない理由は「魔王を倒してしまうと武器が売れなくなるから」

今名前が決まってる拠点は、スタート地点の王都ミレン、ミレンを護る城塞都市ガレイの2つ。
ストーリーは王道のRPGそのもの。
何十何百組目の勇者パーティの主人公たちが、スライムとかを倒して強くなっていく物語。
その主人公パーティは長勢部一族じゃない方がいいな。長勢部一族は魔王の城を水攻めとかしちゃうだろうし。
で、その主人公パーティについていくのが行商人ロゼット。行商人は魔物のドロップ品を買い取らない。普通に考えてパン屋とかが魔物の牙とか買い取ってくれるわけないし。

というような、王道ストーリーを横目に見つつなストーリーを予定中
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 名称未設定. all rights reserved.
「(C)2007 HUDSON SOFT / GONZO ROSSO All rights reserved. 株式会社ゴンゾロッソ及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」 (C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 このページで使用している画像 (テキスト、音声)は 有限会社ムームー、株式会社マイクロビジョン・コミュニティエンジン株式会社 株式会社スクウェア・エニックスの著作物です。配布や再掲載は禁止されています。 このページに記述されているテキストは別に役に立つ情報でもないので無理に読む必要はないのですよ?