FC2ブログ
名称未設定
大体雑談系ブログ。マイペースに。
DATE: 2013/03/28(木) 12:30   CATEGORY: ├妄想メモ
世界観とキャラの家系図
混沌の世界のキャラは雑多過ぎるので、始まりの世界のキャラだけで
・始まりの世界 とは
世界が創造されたばかりの初期の年代の通称。
始まりの世界(0-10.000)→終わりの世界(10.000-10.200)→終わりのない世界(10.200-20.000)→混沌の世界へ合流
となり、ほのぼのとしていたのは最初の100世紀程度。
その後どんどん登場人物は寿命を迎え、数が減っていき孤独感が支配するようになる。
・混沌の世界 とは
リアル世界、平和世界、戦争世界、神竜世界、初期世界の5つの世界を無理に併合した世界。
そのため、同じキャラが5人いたり同じ見た目で性格が違ったり寿命が存在しなかったりとカオス(混沌)。
最近、始まりの世界も合流した。

・始まりの世界のキャラ

-聖竜族
:世界を創造した(とされている)竜族。強力な竜の加護を持つ。寿命が他の竜族より短い。聖竜による支配をする。後に他の種族によって絶滅に追いやられる。
-神竜族
:聖竜族と他種族のハーフの総称。多様な竜の加護を持つ。寿命が長め。縄張り意識が強く、争いが耐えない。
-天竜族
:神竜の一つ。飛行用の翼を持つ。聖竜族と鳥獣族のハーフ。-海竜族
:神竜の一つ。海水用のエラやヒレを持つ。聖竜族と海水族のハーフ。
・水竜族
:神竜族の一つ。淡水用のエラやヒレを持つ。聖竜族と淡水族のハーフ。
・地竜族
:神竜の一つ。強固な肉体を持つ。聖竜族と地族のハーフ。
-色彩竜族
:一般的な竜族。竜の加護は微弱ながら持つ。中でも白、黒、灰、光、闇の5つが有力種族。人間並みに縄張り意識と独立意識が強く、争いを好む。貴族や豪族が多い。
・灰竜族
:希少竜。肉体的、精神的能力はヒューム族とほぼ変わらない。黒竜と白竜のハーフなので、ハーフになるのを極力避ける色彩竜族では貴重な存在。目が無い。
+色彩竜族の敵対関係
:白と黒が敵対、光と闇が敵対、白・光、黒・闇がそれぞれ友好。暖色系と暗色系はそれぞれ光派閥、闇派閥に分かれ敵対・友好の関係を形成。灰は全ての色彩竜と敵対。
-人間(ヒューム族)
:一般的な種族。聖竜族の支配に反旗をひるがえし聖竜討伐を行う。数多くの種族と交わり亜人族(竜人や獣人)を生み出して来た。縄張り意識が聖竜以上に強い。
-獣族
:一般的な種族。粗暴な見た目にそぐわず争いを好まない平和的な種族。
-精霊族
:一般的な種族。神秘的なオーラをまとっているが生物学的には昆虫の類。念力で物を動かせる。
-植物族
:一般的な種族。物静かで平和を好む種族だが、肉食性。親しくなった者とは対等に接するが、そうでない者に対しては捕食対象としてしか見ていない。聖竜討伐時に聖竜を捕食した者もいた。身長は15センチから300センチ程度。
--
スポンサーサイト



[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 名称未設定. all rights reserved.
「(C)2007 HUDSON SOFT / GONZO ROSSO All rights reserved. 株式会社ゴンゾロッソ及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。」 (C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。 このページで使用している画像 (テキスト、音声)は 有限会社ムームー、株式会社マイクロビジョン・コミュニティエンジン株式会社 株式会社スクウェア・エニックスの著作物です。配布や再掲載は禁止されています。 このページに記述されているテキストは別に役に立つ情報でもないので無理に読む必要はないのですよ?